団体概要

一般社団法人ユヌス・ジャパンは、グラミン銀行創設者で2006年ノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス博士が提唱する、ビジネスを通して社会問題を解決する“ユヌス・ソーシャル・ビジネス”の日本における活動拠点として設立されました。

国連のSDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まっていますが、とりわけユヌス博士が目標として掲げる3の0(ゼロ) 【貧困ゼロ・失業ゼロ・二酸化炭素排出ゼロ】の世界を実現するために、ユヌス・ソーシャル・ビジネスの普及・啓発をはじめ、インキュベーション支援、ユヌス・ソーシャル・ビジネス・カンパニーの認定支援やコンサルティングなど、日本におけるソーシャル・ビジネス推進の中核的役割を担っています。
 
 
概要
 
団体名 一般社団法人ユヌス・ジャパン
代表理事 岡田昌治
九州大学 ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター エグゼクティブ・ディレクター
理事
小口善左衛門
小林美穂
大杉健一
監事 宮村和谷
設立 2019年5月7日
所在地
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
 
050-3740-4729
 
 
 
シンボルマークについて
 
 
 
 
 
イメージ、コンセプト

顔のモチーフは、世界(社会)の現実と未来を表現。閉じた瞳は「利己」、開いた瞳は「利他」の心を表しています。
葉はユヌス氏の提唱する「3つのゼロ」(貧困ゼロ・失業ゼロ・CO2〇ゼロ)と「新たな経済」の芽吹きを表現。
また、シンボルマークをロゴにデザインするにあたっては、「優しく寄り添っている」「木陰で休んで眠っている」といった、”安心感”をイメージができるような配置となっています。シンボルカラーは日本とバングラデシュの国旗の色をイメージしています。
 
 
作者
 
大峯 直幸 氏
【プロフィール】1977年生。福岡市在住。障害福祉サービス事業所「工房まる」に所属。20歳頃より独学で絵を始める。黒マジックのくっきりしたラインは、不随意運動を力で抑え込むことで生まれる。二の腕に内出血ができるほど全身に力を込めて、筆先の繊細な動きをコントロールする姿と、画用紙に刻々と浮かび上がるイメージには、思わず息をのみ引き込まれてしまう。
 
 
 
 
 
交通アクセス

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F